読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲー戦

ゲームと戦え

電子タバコ その1

完全に私事です。本当にありがとうございました。

 会社にて上司がやめられるとのことで、レク係を押し付けられていた私。

上の人たちの人間関係が悪く、送別会はしなくていいと言われてしまって(まあそうなるだろと知ってて聞いた自分)このまま何もしなくてもいいかなとは少し思ったけど、さすがに短い間でもお世話になったので秘密裏にプレゼントを買うことにしたんですよね。

 

そんで、いろいろと裏で話を聞くと電子タバコを欲しがっているのを聞いたので、タバコを一切吸わない自分が買いに行くことに。は?

 

今回、自分がお世話になった店はこちら。

veryveryvape.jp

 

休日だったので昼の1時ちょっとに着くようにして(タバコ初心者で恥ずかしいから人がいない時間帯を狙っていったのは内緒だゾ。おかげで自分一人でゆっくり店員と話しながら買い物できたぜ・・・)行ったけど、すげぇお洒落なカフェみたいな落ち着いた雰囲気の中、買い物することができました。

 

結論から言うと、今回行ったお店に置いてあるタイプの電子タバコなら始めてもいいかもって感想です。電子タバコについて軽く説明すると、リキッドと呼ばれる液体を電子タバコ本体部であっためて気化させて、それを吸引して楽しむものなんですが、日本では薬事法ってもので、ニコチンを含んでいるリキッドの販売は禁止されている他、タールも含んでいないため体に優しいというものです(かじったような知識だから個人でちゃんと調べてください。すいません。)

 

体にお優しいというのは下調べと店員さんとのお話で分かったので、無料テイスティングを楽しんできたんですけど、タバコを吸いたい人の気持ちがちょっと分かった気がしました。味が付いた煙を深呼吸して吸いこみ、深呼吸して安心感を得た状態でため息に似た感じで煙を吐き出しながら香りを楽しむ流れがあるからハマるのも頷けるのではないでしょうか。コーヒーの香りとかフルーツの香りとかめっちゃ楽しんできちゃった。もちろん本来のタバコに似せたリキッドも置いてあったんですけど、甘いほうが好きなので興味がなかっt・・・げふんげふん。

 

口から煙が出るのも視覚的に楽しくて、始めるなら本体とリキッドで約7,000円で始められるからマジで個人的に買いそう・・・w

 

でも難点なのが、リキッドやコイルの消耗品を調達するのが面倒くさいくらいですかね。「電子タバコ 店」で調べると店が少ないこと少ないこと・・・。上記の店はオンラインショップがあるから少しは楽なんだけど、テイスティングできないから買ってびっくり嫌いな味でした!ってなるのも嫌よね・・・。

 

 

タバコも生きるのに必死な世の中だな・・・と夕焼けの空の下、橋の真ん中で遠い目しながら思いつつ電子タバコを吸ってみたいものですね。さようなら。

 

広告を非表示にする