読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲー戦

ゲームと戦え

爆烈軍団レネゲード その1

爆裂ではなくて爆烈です。ややこしい。

 

レゲネードではなくてレゲネートでもなくて、レネゲードです。ややこしい。

レネゲード(Renegade: 反乱軍)からきてるんですがカタカナだとややこしい。

 ややこしい名前のくせして内容はいたってシンプル。

 

戦車に乗って敵を壊す!!

 

これだけ。

 

見下ろし型のアクションシューティング。オフで2人。オンで4人まで遊ぶことができます。安い値段だからなのか全9ステージでこのゲーム終わりです。いやマジです。公式にも4時間超のキャンペーンモードって書いてあるし。

 

爆烈軍団レネゲード | ソフトウェアカタログ | プレイステーション® オフィシャルサイト

 

感想としては、敵の命中精度高いせいで常に動き回ってないと即行で戦車が壊されるゲームで、戦車独特のドシッと構えて圧倒的火力で壊す圧倒感は無いかな・・・。特に誘導弾が厳しいんですが、それは後述で。

 

圧倒感は無いですが、画面内オブジェクトや敵戦車を壊すときは派手にぶっ飛ぶので爽快感はあります。この手のゲームで爽快感がなければ即、クソゲーのレッテルを貼られると思うが・・・。

 

1.爽快感の使い方

爽快感はあるんですが・・・、自戦車も爽快にひっくり返らなくてもいいと思うんですよ!!

このゲームの難点が移動だと思います。現実の車よろしく!並みに慣性がついてて、左スティックで移動なのですがまっすぐ走るのが一番難しいです。そのくせミッションが始まった瞬間は曲がりくねった細い道をよく通らせるから困ったもの。×ボタンで早く走れるんですが、慣性がより強くなるのでもっと真っすぐに走りづらいです。

高低差があり、ちょっとした段差のとこに行くとすぐにハンドルがとられて変な方向行ったり、乗り上げてひっくり返ったり・・・。高い段差から落ちるとたしか即死なんですが、これら細い道と段差と崖がそろったミッション開始直後が一番めんどくさいです。

 

2.細い道死すべし

移動のことはもういいとして、今度は細い道について掘り下げてみましょう。

一言でいうと、敵の攻撃避け辛え!!です。ご清聴ありがとうございました。

狭い通路が多い街中を通り抜け、出口にきたところで戦車が待ち構えてることが多いんですが、敵弾でけえしはやいし、こっちは出口目指して走っており道を戻って回避しようとしてもUターンしないといけないから敵弾に突っ込むこともしばしば・・・。こっちも戦車だクソッタレ!!と正面からガチンコしてもいいですが、十中八九、体力が8割ほど持っていかれるか死にます。

 

3.ヘリ(激おこ)

実はこのゲーム、ヘリコプターもあり空から地上の敵を一掃したり、海上で敵母艦を壊すミッションがあるんですが、戦車と違って砲台が回らないので、右スティックでの攻撃がちょっと難しいことになります。ここら辺は語るよりやったほうが分かるので割愛。説明が下手くそなのもあるけど。

・・・で、問題なのが敵ヘリ。誘導付きミサイルめっちゃ撃ってきすぎそんなにミサイル積んでたら重たくて飛べないだろばか。

誘導能力高すぎて、ヘリ2体に囲まれたらもうおしめえだ・・・ってレベル。

自分が戦車のときにも敵ヘリと戦うことはあるんですが、高低差がある敵は狙いづらく、しかも自分の真上にいられると何もできないからなんなんこのゲームってなる。そこまで現実を忠実に再現しなくてもいいんじゃないかと思った。

 

 

書きたいこと多いけど指が爆烈するからここいらでおしまい。

 

アクション性が強いアクションシューティングかと思ったら、敵の位置覚えて最適解を体にしみこませるシューティング要素が強いアクションシューティングでした。

 

ノーマルならでしゃばりすぎないごり押しでなんとかいけるかな・・・?って難易度で、800円くらいでも損ではないでしょうかというのが感想です。毎回同じ様なこと言ってると思うけど、逆に毎回同じこというくらい大切なことなんだと思っていただければ幸い。お金って大事。

 

www.youtube.com

 

 

でも飛行機(ヘリ)だけは勘弁な!!

 

さようなら。

広告を非表示にする